在宅介護に必要な様々な費用について触れています。

 

Q&Aなどで、細かい疑問にも答えていく予定です。

 

参考になれば嬉しいです。

在宅介護の費用についてエントリー一覧

在宅介護・介護ヘルパーの費用

主に介護保険制度を前提としてお話しします。 通常は費用の1割が利用者負担額となりますが、要介護度によって居宅サービスの保険対象単位数に区分支給限度額というものが有り、それを超えてサービスを受けると基本的にはサービス費用全額が利用者負担となります。1単位あたりの単価は、大都市部から地方まで次のとおり5...

続きを読む

介護用品のレンタル

介護保険上は福祉用具貸与事業、福祉用具専門相談員を有し、厚生労働大臣が定める福祉用具の貸与を行うものです。 ・車いす(自走式車いす、電動車いすなど) ・車いす付属品(クッション、電動補助装置など) ・特殊寝台(電動ベッド等) ・特殊寝台付属品(サイドレール、マットレスなど) ・床ずれ防止用具(エアマ...

続きを読む

タクシーより安い福祉有償運送とは?

病院へ通う際などにタクシーや介護タクシーを使っている方も多いでしょう。そんな方にお勧めなのが「福祉有償運送」のサービスです。特定非営利活動法人(NPO法人)、医療法人、社会福祉法人等が自家用自動車を使用して身体障害者、要介護者の移送を行うサービスです。登録された事業所は全国にあります。そして、概ねタ...

続きを読む

福祉有償運送の料金例

距離制運賃時間制運賃

続きを読む

住宅改修事業・改修費について

要介護認定者の住宅を改修(手すりの取付・段差の解消等)に対して、市区町村から最高18万円(20万円限度で1割は自己負担であるため)の給付なされるものです。しかし、改修に入る範囲、その手続(意見書作成等)、打ち合わせ等はまた大変ですので、これもケアマネに依頼すると良いと思います。また、手すりの設置等は...

続きを読む

福祉用具貸与事業

福祉用具専門相談員を有し、厚生労働大臣が定める福祉用具の貸与を行うものです。便座とか入浴補助具などは購入して領収書等を市区町村に提出して9割分を返還してもらえます。要支援1・2と要介護1の方の場合従来どおりの介護保険給付対象品目歩行補助つえ 歩行器 スロープ 手すり原則として介護保険給付の対象としな...

続きを読む