住宅改修事業とは

 

要介護認定者の住宅を改修(手すりの取付・段差の解消等)に対して、
市区町村から最高18万円(20万円限度で1割は自己負担であるため)の
給付なされるものです。

 

 

しかし、改修に入る範囲、その手続(意見書作成等)、打ち合わせ等は
また大変ですので、これもケアマネに依頼すると良いと思います。

 

 

また、手すりの設置等は障害の部位、程度によって違うのでできれば
理学療法士等に相談して設置位置、部品などを相談した方がいいですね。

 

業者も詳しい人がいるといいのですが、まだ細かい指定をしなければ
対応できない業者がほとんどです。

 

 

お願いする前に、高さや寸法など、しっかり打ち合わせをして
メモをしておいて業者にお願いするようにしましょう!

 

 

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手