介護用ベッドというとパラマウント、シーホネンス、プラッツという会社が有名です。

 

電動ベッド種類

 

介護用の電動ベッドには主に3種類あります。

 

3モータータイプベッド(背上げ角度調整、膝上げ角度調整、床高さ調整)
2モータータイプベッド(背上げ角度調整(上げ角度連動)、床高さ調整)
1モータータイプベッド(背上げ角度調整)

 

 最近は手動のものはほとんどありませんが、電動ベッドはスイッチ一つで動くので、誤操作して、あわててベッドとベッド柵との間に首を突っ込んで、窒息死したという事件が時折報道されていますので、気をつけることが必要です。

 

 床高さは電動のものの場合、どうしても25p以下のものがないので、それにマット等を乗せるとどうしても40p以上になり、床面にマットを敷くとかの転倒したときの対策を講じる必要が生じます。

 

ベッド幅

 

 体格に合わせてベッドの幅をお選びください。90cm幅以上のワイドなベッドにすることで、ゆとりをもって寝返り動作もでき、ベッドからの転落も防ぐことができます。

 

介助スペースも余裕ができ、体位交換もしやすくなります。介護を受ける方だけでなく介護する方にとっても動きやすい環境は、離床促進のための重要な要素です。ただ、移乗時に本人が
介護者の身体から離れているので、できるかぎり引き寄せて移乗する必要が生じます。

 

ベッド長も同様に体格に合わせて、150p〜185pのものから最適なものを選ばれるといいと思います。ただ、それも居室のスペースによります。

 

ベッドボトム

 

ベッド上で安全にラクに座るためには、座面となる部分の奥行が、身体に合っている必要があります。背ボトムにもたれるのが困難なくらい奥行のある座ボトムサイズであれば、ギャッチ機能でズリ落ちたり、円背になってしまいます。

 

 床部は、背ボトム・座ボトム・膝ボトム・脚ボトムの4分割で構成されているものが一般的で、高齢者の平均的大腿骨の長さに合わせて、お尻から膝までの長さが44cm程度になるように設計されています。

 

付属品で必要なもの

 

・マットレス
・ベッドサイドレール
・ベッドサイドテーブル、オーバーベッドテーブル
・サイドバー

 

介護用品、介護食の専門店 介護ショップしろい手