食事介助で注意する点

食事介助を考える前に、時間が掛かってもできるかぎり自助具を使って、ご自分で食べることを試してください。

 

(1)事前の確認

食習慣(食事時間、内容、量、嗜好)に配慮する。必要な食事介護を判断する。食事の環境を整える。食事制限の確認をする。

 

(2)食前の介護

排泄の確認、手洗いの励行、口腔ケアをする。

 

(3)食事摂取の介護

食事の姿勢保持、できるかぎり自分で食事摂取するよう努力する。食べたくなるような工夫をする。食事のペースに配慮する。

 

(4)食後の介護

食事状況(食欲の有無、食事内容と量、摂取の滋養強と時間、満腹感、疲労感、水分摂取量)を観察し記録する。
食後の姿勢は誤嚥防止しばらく座位で様子を見ます。異常がなければ本人の望む安楽な姿勢にする。食後の服薬の確認をする。

 

(5)嚥下障害がある方の場合

@嚥下しやすいように調理方法を工夫する。
A嚥下しやすい姿勢で食べる。
Bよく噛んで味わいながらゆっくり食べるようにする。
C咀嚼機能が低下した人のためのキザミ食は、嚥下障害の方には食べにくくする危険があります。
 また、とろみを付けるときはゼラチンタイプのものがよく寒天は飲み込みにくいです。

 

体温と同じような温度の食べ物は口に入ったとき高齢者の場合、体内水分量が減少し、
細胞内の水分予備量が少なく、渇きを覚える感覚は減退しています。

 

ですから嘔吐や下痢をしたときや、汗をたくさんかいたときに脱水症状
(脱力感、倦怠感、めまい、発熱、意識障害)を起こしやすいです。

 

水分補給に気をつけましょう。
好みに合ったお茶、ジュース、牛乳、乳飲料などを食間に補給しましょう。