在宅介護の臭いの原因

介護で気になるのが悪臭です。
介護する方にとっても辛いでしょうが、当の本人も周りに気を使うことになるので大問題です。

 

それで悪臭の主なものは尿臭、便臭、体臭、口臭です。尿、便が気になりますね。

 

この介護の伴うにおいはある程度慣れるということもあるようですが。

 

介護の臭い対策!

 

 

対策としては、ひとつはできるかぎり早くにおいの元を屋外に出すということ
ふたつはにおいの元のにおいを消臭することなどでしょう。

 

施設でしたら、紙おむつ等をできるかぎり早くビニール袋に入れて密封する、
早く屋外へ出す又は汚物処理する、それまでの出ているにおいを消臭するという方法を取っています。

 

消臭の方法には次亜水系の消臭剤をスプレーする、常時噴霧する機械を設置する、
オゾン発生装置を設置するなどの方法を取っています。

 

介護の臭いを消臭する衣類とスプレー

 

介護をしていると、衣類や部屋に染み付いた尿臭が気になりますね。
自由にお風呂に入れない・窓が開けられない・ベッドカバーが頻繁に交換できないなど
尿臭を解決したくても、介護するものが簡単に解決できない現実が複雑化していますね。

 

そんなとき、介護のために誕生した「いい快互服ドットコム」の消臭衣類デオルや、
超消臭スプレーが人気です。

 

なかなかお風呂に入れず、臭いに困っていたとき、このデオル消臭タオルを枕カバーに使ったところ、
翌日ヘルパーさんが「ずいぶんこの部屋お掃除したのね」っておっしゃった。
このエピソードから、臭わないタオルや、消臭パンツが開発されました。

 



 

 

介護で気になる臭い対策関連ページ

食事介助の注意点
老人の便秘を薬に頼らず改善する