在宅介護を支える周辺制度エントリー一覧

地域密着型サービス

平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、地域密着型サービスは市区町村が指定をします。小規模多機能型居宅介護事業 介護が必要となった高齢者(主に認知症高齢者)が、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、「通い」を中心に「訪問」「泊まり」の3つのサービス形態が一体となり、24時間...

続きを読む

広域型の居宅サービス

広域型の居宅サービスを5つに分類してご紹介します。訪問介護事業訪問介護員(ホームヘルパー)が居宅を訪問して、入浴、排泄、食事等の介護等、日常生活上の世話、掃除、洗濯、通院等のための乗車又は降車の介助等を行うものです。「居宅を訪問して」となっていますが、それが一連のサービスであれば屋外に散歩に行く介助...

続きを読む

入所系の居宅サービス

短期入所生活介護事業 要介護者等が特養(介護保険上は介護老人福祉施設という)で(宿泊)し、当該施設において、要介護認定者等に入浴、排泄、食事等の介護、その他日常生活上の世話、機能訓練を行うものです。現在、入所施設がどこも満員であるために、この事業をロングステイとして使うこともあります。中には入所施設...

続きを読む

居宅療養管理指導について

介護保険上のサービスの一つです。「居宅療養管理指導とは、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようサポートするサービスです。具体的には、医師、歯科医師、薬剤師、看護職員、歯科衛生士、又は管理栄養士が、通院が困難...

続きを読む

成年後見人制度

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり,遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また,自分に不利益な契約で...

続きを読む

介護者慰労金の支給

元々介護保険導入時に家族介護をしている家族には同程度の金銭給付があっていいのではないかとの議論がありました。これを拡充するとそもそもの介護保険制度の根幹である「家族介護の社会化」が崩れてしまうということから10万円程度にしておいて、将来十分に施設、居宅サービスが整備された後に再検討するということで次...

続きを読む

介護休業給付金制度(雇用保険)

育児・介護休業法に基づく介護休業した労働者は、申し出ることにより、要介護状態にある対象家族1人につき、 常時介護を必要とする状態ごとに1回の介護休業をすることができます。(一定の範囲の期間雇用者も対象となります)期間は通算して延べ93日までです。介護休業給付金が支給について期間中、介護休業給付金が支...

続きを読む

後期高齢者医療制度(長寿医療制度)について

2008年4月から、「老人保健制度」が廃止され、高齢者のための新たな「後期高齢者医療制度」がスタートしました。これに伴い、被保険者となる75歳(一定の障害のある方は65歳)以上の方については、国民健康保険や健康保険などの被用者保険から脱退し、後期高齢者医療制度に加入することになりました。基本的には都...

続きを読む