地域密着型サービスについて

平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、
地域密着型サービスは市区町村が指定をします。

 

小規模多機能型居宅介護事業

 

 介護が必要となった高齢者(主に認知症高齢者)が、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、

 

「通い」を中心に「訪問」「泊まり」の3つのサービス形態が一体となり、24時間切れ間なくサービスを提供できるのがその大きな特徴です。

 

認知症高齢者による利用が中心になるが、認知症の有無を問わず、利用可能。

 

 小規模多機能居宅介護登録者は、介護保険の利用料が包括的定額料金なので、介護度別に月額利用料が定額になります。

認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)

 

認知症の状態にある要介護者について、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護等の日常生活上の世話及び機能訓練を行う。

 

グループホームは、一応居宅サービスに位置づけられています。

 

認知症対応型通所介護事業

 

 認知症高齢者専門の通所介護です。

 

夜間対応型訪問介護

 

 訪問介護員による夜間の定期的な巡回訪問または随時通報により提供される訪問介護サービスです。

 

 

平成24年度からの目玉介護サービス

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

 

 訪問介護員と訪問看護師との組み合わせで、居宅にいながら定期的な巡回訪問や随時通報により訪問して提供されるサービスです。
 厚生労働省はこのサービスの普及により入所系サービスの代替を果たそうと考えていますが、なかなか普及していません。

 

複合型サービス

 

 小規模多機能型居宅介護に訪問看護サービスを組み合わせて、一体的に提供するサービスです。それが要介護者にとって特に効果的かつ効率的と認められた方に提供されます。